ナースの年収、気になりますよね!その前に前川 文科省前事務次官の退職金が8.000万円といいます、開いた口がふさがらないとはこのこと。話を現実に戻しまして、ナースも勤務形態や職種、経験年数・ベテランさんから新人さんまで幅広いですが夜勤もありの常勤で400万~800万でしょうか、この上限の800万というともうすぐキー局のアナウンサー並みですよね。

ってか、これを数字だけでひかくするのも無理はあると思いますが?こういうのが現代のナース給与事情なんですよね。これは小耳にはさんだ話ですが、この子供の貧困が叫ばれてる時代にパートのシングルマザーの4倍近くを年収として手にしている30代の看護師は五万といるということになります。それだけ高嶺の花になってしまった看護のお仕事なのですね。

今や国の援助を受けている日本のフラッグシップJALがかつてはそう呼ばれていました。スチュワーデスと呼ばれていたころの客室乗務員のことです。今やナースのお仕事がこれに匹敵するのですね。

看護師 転職