合同会社説明会というのは、興味深い企業のブースに行って話を聞いてエントリーをしてくるところだから、多くの人は合同会社説明会とは、企業研究、エントリーの場という意識で参加します。

そうすると、興味のない企業のブースには行く気も起きないし、興味のありそうな企業も、ただ話を聞いてエントリーをしてくるだけとなります。ところが、合同会社説明会に行って内定をとってくる、あるいは急成長する人は、まったく違った意識で合同会社説明会に参加しています。会同会社説明会とは企業研究、エントリーの場だけではなく、自己PRの場、自分探しの場、面接練習の場、刺激を受ける、自分に合う企業探し(出会い)の場と思つて参加しているのです。合同会社説明会とは企業研究、エントリーの場と思って参加する人は、興味のありそうな企業I~3社だけ話を聞きに行きます。何か疑問に思ったことがあれば、質問をする。そして興味のありそうな企業がもうない、と思ったらすぐに帰る。このような努力が就職面接合格法に結びついてきます。
会同会社説明会とは、企業研究、エントリーの場、自己PRの場、自分探しの場、面接練習の場、刺激を受ける、自分に合う企業探し(出会い)の場と思っている人は、ただ興味のある会社のブースだけをまわって帰るということはしません。自己PRの場だから、少しでも好印象になるように、ブースに座つたら元気に挨拶をしたり、熱心にメモをとつて、うなずきながら話を聞いたり、質問をしたりします。

 Tags: